他装初級レッスンのレポート

目次

今、他装レッスンが熱い!!

自分が着物を着られるようになると、身近な人にも着せてあげたくなりますよね。

そうすると・・

可愛いお子様や、お友達から、「着物を着せて欲しい!」という嬉しいリクエストが出てきたりするかも。

そんなリクエストには、是非チャレンジして欲しいです!。

☆季節着物の浴衣の着付☆

季節柄カリキュラムに浴衣他装を入れました。

帯結びはまずは基本の文庫結びから。

半幅帯も素材、長さ、柄など様々。その特性に合った帯結びを練習。

基本を知ってから、アレンジに進みます。

人に着せられるようになると、こんな良いことが有りますよ!

① 着せてあげてとっても喜ばれる

特別感のあるスペシャルな着物、そんな着物を身近なあなたに着せてもらうと、双方の高揚感がますますふくらむ。

「やっぱり着物っていいな。また着たいから着せてね!」と言ってもらえます。着物を着たご家族や、お友達の笑顔を見ることで、あなたは充実感を感じることと思います!。

②ご自身(あなた)の着姿が人に着せる事でとても向上します

他装レッスン生徒さんより、「ここをきちんとすれば、上手くいくんだという理屈がわかりとっても勉強になった!」との感想をもらっています。

自装(自分で着る)レッスンの時にもその理屈はお伝えしていても、他装レッスンを行うことで、その理屈がよりよく理解できるという感じです!。

★他装初級レッスンの内容★

6回のカリキュラムで、普段着着物を着せられるよう、着物と名古屋帯で一重太鼓をマスター。

着物おはじめレッスン・袋帯ステップアップレッスン修了後(または同レベルの自分で着物が着られる方)に始めてもらっています。

土曜日レッスン風景
コロナ対策に配慮して行っています。

一度に多くのことを覚えるより、着実にステップアップしてもらえることが大切と考えており、カリキュラムを考えています。

回を重ねるごとに上達していますよ!。

身近な人に着物を着せてあげて喜んでもらえるのはとても嬉しいことですね。

あなたもご一緒に着物をはじめませんか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる